介護職に興味があるけれど、具体的にどういった仕事があるのかまたどういった資格が必要なのか、よく知らないままだと不安になってしまいます。何となく「高齢者のお世話をする仕事」と考えてしまうかもしれませんが、施設によって仕事内容は多岐にわたります。そこで介護職を志望しているあなたのために、介護職員の仕事内容について詳しくご紹介します。

介護職の3つの職種

介護職とは、高齢者や障害者など人の手を必要とする人に対して支援を行う仕事のことをいいます。一般的には老人ホームや福祉施設といった施設での仕事となりますが、医療機関で働く介護職も増えてきています。介護職として働いている人たちには、大きく分けて以下の3つの職種があります。

1.介護士

利用者と直接やり取りを行い、介助をするのが介護士です。求人などでは「ヘルパー」という名称が多く使われます。介護は未経験であってもすることは可能ですが、入社した後「介護職員初任者研修」を受講し、業務内容などを学んだ上で現場で働くのが一般的です。実地で経験を積みながら「介護福祉士実務者研修」を受講することでより豊富な知識を身につけることができます。

2.介護福祉士

介護職の中で、唯一の国家資格を持つのが介護福祉士です。実務経験を3年以上積むか、養成施設である福祉系の高校や大学、専門学校を卒業することで受験資格が得られます。この資格を持つことで、他の介護士の指導や利用者へ介護内容の説明をしたりすることができるようになります。上位の資格として認定介護福祉士があり、この資格を取得すると職場で介護士のリーダーとして指示や指導ができるようになります。

3.ケアマネージャー

現場で介護をするのではなく、介護を必要とする人に対し、介護保険サービスのために必要となるケアプランを作成するのがケアマネージャーです。特別養護老人ホームに常駐する場合や、介護支援事務所で働く場合などもあり、すべての介護施設にいるというわけではありません。また資格を活かして民間会社で働いている人もいます。

介護職が活躍する主な介護施設

介護職として働く場合、いくつかの介護施設から選ぶ必要があります。介護職の活躍の場としては以下の施設があります。

特別養護老人ホーム

通称を「特養」といい、日常生活において常に介助が必要となる人が暮らす施設です。24時間態勢で介護士が対応します。

軽費老人ホーム

様々な事情により自宅での生活が困難な高齢者のための施設です。介助が必要な程度によっていくつかのタイプに分かれています。日常生活と食事のサポートが主となっています。

有料老人ホーム

介護が必要な高齢者以外にも、生活のサービスや介護サービスが受けられる高齢者向けの施設です。介護サービスをするホーム以外にも様々なタイプがあります。

グループホーム

認知症の高齢者が対象となる施設です。利用者同士で共同生活をするサポートを行います。

老人保健施設

入院した高齢者が自宅に戻るためのリハビリを受けるための施設です。

デイサービスセンター

高齢者が日帰りで入浴サービスや食事サービス、レクリエーションなどを受けることができる施設です。送迎があります。

介護職員の仕事内容

施設によっても介護職員の仕事には違いがありますが、主に以下のような介助を行います。

  • 着替えの介助
  • 食事介助
  • 入浴介助
  • おむつ交換
  • 洗顔、歯みがき介助
  • 排泄介助
  • 服薬介助

このほか、起き上がる際の介助や寝る時の介助などを行うこともあります。24時間の介護を行う特別養護老人ホームの場合は、おむつ交換に加えてナースコールでの呼び出しにも対応します。介護職の詳しい仕事内容については、実際に働いている人の声が読める「介護職のリアル」も参考にしてみてください。