介護施設のひとつとして「グループホーム」というものがあります。簡単に言うと認知症の高齢者の方向けの施設なのですが、特別養護老人ホームやデイサービスといった介護施設とどう違うのでしょうか?入居するための条件や費用の相場は?

グループホームの基礎知識についてご紹介します。また、大阪府羽曳野市でグループホームをお探しの方に向けたおすすめ情報もお届けします。

グループホームの基礎知識

グループホームとは「認知症対応型老人共同生活援助施設」とも呼ばれています。介護職員の支援を受けつつ、その名の通り認知症の高齢者の方が共同で生活します。

他の介護施設では食事や入浴介助といった身の回りのケアを受けながら生活しますが、グループホームでは入所者がある程度自立した生活を行い、それを職員がサポートするのが大きな違いです。

軽度な方であれば料理や掃除など身の回りのことを自分で行う、あるいは職員や他の入居者の支援を受けながら行います。

「入居者は自分では何もできない」「身の回りのことをすべて世話してあげる」のではなく、自分でできることは自分で行う。こうした自立した生活を送ることで、認知症の進行を抑え、生きている意義を感じながら生きていくことにつながるのです。

また、在宅で介護を受けているとどうしても孤独になりがちですが、複数の入居者と共同生活を行うことで、孤独感も解消することができます。

グループホームとは?

グループホームでは「ユニット」という単位があり、5~9人ほどの人数で共同生活を行います。部屋は個室もしくは半個室でプライバシーが守られていて、キッチンやダイニング、トイレ、お風呂などは共同で利用できます。

介護職員は必要に応じて食事や入浴、排泄介助等のケアをします。それに加えて、料理や洗濯、掃除などのサポートも行います。また、認知症に特化したケアやレクリエーション、リハビリテーションなどを行い、認知症の進行を遅らせます。

認知症のケアは容易ではありません。ご家族にとっては認知症に関する正しい知識をもつ職員にケアを任せられるというメリットがあります。グループホームに入居しても家族は面会に行くことができます。社会とも接点ができて、孤独な想いをしないので、入居者の方にとっても利点があります。

グループホームの入居の条件

グループホームでは誰もが入れるわけではありません。入居するためには以下の条件をクリアする必要があります。

  • 65歳以上の高齢者で、かつ介護保険で要支援2から要介護5までの認定を受けている方
  • 医師に認知症の診断を受けた方
  • 集団生活を営むことに支障のない方
  • 施設と同一の市区町村に住民票がある方

単に物忘れが激しい、要介護状態だからという理由ではグループホームに入居することができませんのでご注意ください。要介護で認知症と診断されていない場合は、特別養護老人ホームや有料老人ホームなど他の施設に入居する必要があります。

また、グループホームは地域密着型の介護施設です。入居希望者の住民票がある市区町村内の施設しか入居できないので、その点も注意してください。

グループホームの費用相場

グループホームでかかる費用は大きく分けて「初期費用」と毎月かかる「利用料」です。初期費用は保証金や一時金で、これらを支払うことでグループホームに入居するための権利を獲得します。0円~100万円と大きな開きがありますが、全国平均は8.3万円。相場は数万円~30万円ほどです。ちなみに、初期費用を支払えば、生涯グループホームに入居することが可能です。

それに加えて入居後は利用料を月々支払う必要があります。賃料や管理費、食費、水道光熱費などが含まれます。平均は12万円ほど。これも施設によってそれぞれ異なり、通院費やイベント、日用品代、理容代などがさらに加わる形となります。

まとめ

グループホームに入居して生活するためにはある程度費用がかかりますが、認知症に詳しいプロの介護職員からケアを受けられるので安心。入居者もある程度自立した生活が送れて認知症の進行を抑えることができ、生きがいも感じられ、孤独感も和らぐというメリットがあります。地域に密着した介護施設なので、ご家族の方も気軽に面会に行くことができます。

羽曳野市でグループホームをお探しなら、「グループホームくすのき苑」がおすすめ。
少人数ユニットできめ細かいケアが送れ、家事やレクリエーションを通じて活き活きと過ごすことができます。ご家族の方とも密に連携し、安心してお任せられます。

個別のレクリエーションや行事やイベント、プロのインストラクターによる体操なども豊富。楽しく毎日が送れ、認知症の進行の予防にもつながります。

羽曳野市でグループホームをお探しなら、ぜひ検討してみてください。