ビジネスなどでホームページを活用する場合に重要なことは、多くの人に目に触れるようにすることが必要です。その理由は、多くの人にホームページが目に触れる機会があれば、その分ビジネスチャンスが生まれますからです。

検索エンジンの検索結果とは

では、ホームページを多くの人の目に触れるようにするためにはどうしたらいいのかというと、それは検索エンジンの検索結果で上位に表示されるようにすることです。具体的にはどういうことかというと、検索エンジンの検索結果で出来れば1ページ目に表示されるようにするということが望ましいと言えるでしょう。というのは、一般的に検索エンジンをした場合に何ページ目まで見るのかという調査をすると、ほとんどの人が4ページ目以降はチェックしないという結果が出ていますので、そのためには、まずは検索結果で1ページ目に表示させることが出来れば、多くの人の目に留まる可能性が高まりますので、ホームページでビジネス利用をしようとしている法人や個人は、できるだけ1ページ目に表示されるように日々切磋琢磨しているというのが現状だと思います。

ところで、検索エンジンの検索結果というのは何かということを考えてみましょう。そもそも検索エンジンはどういう基準で検索結果を表示しているのかというと、色々な要因がありますが、検索エンジンのGoogleが求めていることは、コンテンツです。つまり、ホームページで提供しているコンテンツがユーザーの問題を解決できるものかどうかということを検索結果の基準にしています。そのため、Googleは検索エンジンの精度を常に高めることでシステム的にどういうコンテンツがユーザーの問題を解決出来るのかという検索エンジンのアップデートを常に行っています。以前はペンギン・アップデートとかパンダ・アップデートと言う名前でGoogleの検索エンジンのアップデートを行っていましたが、今はこれらのアップデートは常に検索エンジンのアルゴリズムに含まれていて、日々進化しているということが現状です。

コンテンツが大事

では、ホームページを保有している法人や個人は、検索エンジンで上皮表示をしてもらうためにはどのような対策を組めばいいのか考えてみたいと思います。
まず、ホームページを保有している法人や個人がするべきことは、自分たちが扱う商品やビジネスサービスのターゲットユーザーはどういうユーザーで、彼らが検索エンジンを使った場合にはどのようなキーワードを使って検索するのかということを考えるべきです。そのためには実際にユーザーが使うキーワードで検索をしてみると、ライバル企業などのホームページが上位表示されていると思いますので、実際にどのようなコンテンツを提供しているのかということをチェックして、それ以上のコンテンツを提供する場合にはどうしたらいいのかということを考えて見るようにしましょう。
以上がターゲットユーザーと検索エンジン向けに上位表示をするための根本的な施策です。やはり、中身がいいものでなければ、ユーザーにとってプラスにはなりませんので、コンテンツ重視というのはとても大事なことです。

検索エンジンが把握しやすいソース

次に、検索エンジン向けの施策としては、検索エンジンが読みやすいようなソースでホームページを作るということが必要です。これは検索エンジンがホームページの評価を上げることになりますので、検索エンジンが評価しやすいようにするということは絶対に必要です。そのためにはXMLサイトマップを用意したり、HTMLの正しい文法でソースを記述するということも必要です。ここで特に注意したいことは、検索エンジンに大事なキーワードであることを伝えるために、タイトルタグやH1タグ、H2タグに重要キーワードを配置するという配慮が必要です。

レスポンシブデザインとSSL化

後は、今はスマホがホームページをチェックする最大のデバイスになっていることから、ホームページをスマホ仕様にするといったレスポンシブデザインを心がけることや、安全なホームページをチェックするために、ホームページを前ページSSL化するという施策も必要になります。