膣トレをするならぜひ活用したいのが専用のグッズです。最近では多くのメーカーから発売されており、通販やバラエティショップなどで手軽に購入することができます。
膣に直接挿入するので抵抗があるかもしれませんが、実は正しいトレーニングのためにもおすすめなのです。

膣トレグッズにはどんなものがあるの?

膣トレグッズには大きく分けてボール型とバイブレーター型のものがあります。それぞれの特徴と、どんな人に向いているかを解説します。

ボール型

シンプルなボールに取り出し用の引き手がついたもの。ボールはシングル・ダブル・レベルに合わせて連結できるなど、さまざまなタイプがあります。

扱いが簡単で、力の入れ方もわかりやすいので初心者向けです。大きさや重さの異なる複数個のボールや、潤滑剤がセットになった商品なら、リーズナブルな上にトレーニングに必要なものが一度に揃うので便利です。

バイブレーター型

スティック状や紡錘形、男性器を模したものなど、ボール型以上にバラエティに富んでいます。中には膣圧を感知して振動したり、スマホに同期させることで膣圧やトレーニング効果を測定できたりという、ハイテクなものもあります。

単に膣を締めるだけでなく、楽しみながらトレーニングできるのが魅力的ですね。ボール型では物足りなくなってきた人はぜひ試してみてください。

膣トレグッズを使うメリット

膣トレグッズは「膣を締める」感覚がつかみやすいので、初心者には特におすすめです。ケーゲル体操では「膣や肛門を体の上の方へ引き上げるつもりで」締めること、と言われていますが、実際にはなかなかわかりにくいもの。自分では膣を締めているつもりでも、実は腹筋に力が入っているだけだったり…。間違ったやり方でトレーニングしても、効果は期待できないので、正しい力の入れ方を覚えるために膣トレグッズは有効と言えるのです。

また、膣トレグッズは中にビーズや小さいボールが入っていたり、ある程度重さがあったりするものなので、体操よりもトレーニング効果が高まります。膣を動かす感覚が身につくので、性感アップにも繋がりますし、グッズを落とさないようにすることで膣圧は確実に強くなります。

膣トレグッズでこんな効果が!

膣トレは骨盤底筋群を鍛えるトレーニングなので、膣のゆるみや尿漏れの予防・改善の他にも、

・血行促進
・下腹部やヒップの引き締め
・生理痛の緩和
・便秘の改善

などの効果が期待できます。

膣トレグッズの使い方

膣トレグッズを挿入する時は潤滑剤を使うとスムーズです。四つん這いや椅子に片足をかけるなど、自分が挿入しやすい体勢で行うのもポイントです。

膣に挿入した後は、落ちないように締めたまま日常生活をするだけなので使い方も簡単です。入れておく時間は5分くらいから始めて、徐々に長くしていくとよいでしょう。

膣トレグッズの選び方

膣トレグッズは基本的に直接膣に挿入して使うものなので、素材は重要なポイントです。抗菌性エラストマーやシリコンなど、継ぎ目がなく柔らかいものがおすすめです。もちろん水洗いできることは必須。衛生的に使用・保管できるものを選びましょう。

膣トレグッズの価格には幅がありますが、極端に安いものは注意が必要です。特に電動式のものは、製造元や仕様を必ずチェックしてください。

膣トレグッズを活用して効率的にトレーニング!

膣トレグッズがなくてもトレーニングはできますが、正しい膣の締め方を身につけたいなら断然おすすめです。力の入れ方だけでなく、トレーニング効果がわかりやすいというメリットもあります。効率的に膣トレをするなら、専用グッズを使わない手はありません。上手に活用して、膣のゆるみを改善しましょう。